tel.045-641-3876

平日 10:00~19:00 (土日祝休み)
※繋がらない場合は090-7283-5889にお掛け下さい。

ご予約・お問合わせ

NEWS

2021/04/14

夫婦・カップル等に関する
カウンセリングにおける
注意事項

今般、当所における、主として夫婦・カップルに関するカウンセリングにおきまして、カウンセリングに対する認識を誤ったご相談者の方から、カウンセラーの業務を超える内容の依頼を受けたり、クレームを受けるなどの問題が頻発しております。
皆様におかれましては、当所をご利用頂く前に、一度、こちらの注意事項をご覧頂ければ幸いです。

①【カウンセラーに対する、カウンセラーの業務を超えた依頼について】
今般、特に夫婦・カップルカウンセリングについて、カウンセラーに「パートナーにカウンセリングを受けるよう説得して欲しい」「別居するよう説得して欲しい」など、パートナーとの交渉を依頼してくるご相談者が少なくありません。
しかし、カウンセラーがこのようなパートナーとの交渉を行うことはありません。カウンセラーの業務は、ご相談者の現在の状況やお悩みを聞き、問題の解決の糸口を共に考え、アドバイスをさせて頂くことを通じて、ご相談者の心の負担の軽減を目指すことであり、ご相談者に代わってパートナーと交渉を行うことではありません。
ご夫婦・カップルでのカウンセリングをご希望の方については、ご相談者ご自身とパートナー双方が共にカウンセリングを受けることに同意した上で、来所して頂く必要があります。
また、別居や離婚等に関するパートナーとの交渉については、法的紛争であり、カウンセラーがこれをお受けすることはできませんので、別途、弁護士等の専門家に依頼をして頂く必要があります。
以上のとおり、パートナーとの間の交渉等については、一切お受けできませんので、あらかじめご了承下さい。

②【カウンセラーに対するクレームについて】
今般、特に夫婦・カップルに関するカウンセリングについて、「夫婦(カップル)の問題が解決しなかった」として、クレームを受けることが増えております。
しかしながら、カウンセラーの業務は、上記①でも記載したとおり、最終的にはご相談者の心の負担を軽減することを目指すことであり、問題そのものを解決することではありません。カウンセラーとしては、ご相談者と共に問題の解決のための糸口を考え、心理的な側面からアドバイス等をさせて頂くこともありますが、これは問題の解決を保証するものではありません。
また、上記のように、例えば夫婦間の問題が「離婚」や「別居」という段階に至っている場合には、そのための交渉は、法的な紛争であり、カウンセラーがこれをお受けすることはできません。
カウンセリングをご利用される皆様におかれましては、カウンセリングが、問題の解決ではなく、あくまでもご相談者の心の負担の軽減を目指すことを目的とするものであることをご理解頂いた上で、ご相談にお越しになられますようお願い致します。
なお、カウンセリングの実施後に、問題が解決しなかったこと等を理由として、カウンセリング料金のお支払を拒絶される事案も発生しております。しかし、カウンセリング料金は、上記内容のカウンセリングを行ったことに対するものであり、問題解決に対する対価ではありません。
当所としては、以上のようなクレームやカウンセリング料金の支払拒否に対しては、法的手続も踏まえ、断固とした対応をさせて頂きますので、悪しからずご了承下さい。

当所をご利用の皆様におかれましては、円満なカウンセリング実施のため、以上の点に十分ご留意頂いた上で、
ご相談・ご来所頂きますようお願い申し上げます。

株式会社エテルノ久遠メンタルカウンセリング
代表カウンセラー 久遠ナオミ
PAGE TOP