エテルノ | 公式ホームページ

離婚カウンセリング

離婚カウンセリングについて

私は法律事務所内で十数年間、弁護士と共に離婚カウンセリングを行ってきた実績があります。

離婚調停、離婚裁判の現場に立ち会ってきた経験から、夫婦問題、離婚でお悩みのクライエント様の気持ちに寄り添うことができます。
「離婚」することが全ての解決策ではありません。カウンセラーの私から申せば、「離婚」は最後の決断のように思われます。
その時が来たら、信頼できる弁護士に依頼して、法的手段でご自身を守っていただきたいと思います。

でも、気持ちが整理できず、離婚に対して、まだ不安や迷いがあるのなら、結論を急ぐことはありません。
弁護士はあなたが将来、別れた配偶者と揉めることなく、安心した生活を送れるように援助して下さるのがお仕事です。
はっきりした離婚へ向けての強い意志がなければ、一緒に戦うことはできません。
結婚に色々な形があるように、離婚にも色々な形があっても良いと私は思います。

人生の岐路に立たされた時、周りからの意見や焦り、怒りや悔しさの感情に惑わされることなく、ご自身の本当の気持ちに気づいてほしいのです。
この気づきは、あなたの未来にとても大事なことであります。
「後悔」という二文字に縛られない為にも、ゆっくり、じっくり考えてほしいと切に願います。
あなたの先の人生に、ご自身が問いかける時間や冷静に判断する時間は、とても必要なことです。

最終的に答えを導くのはご自身だということも忘れないでほしいと思います。
離婚を踏み出すとき、頭の中を駆けめぐる思考や妄想に駆られる時間が1日の大半を占める時があります。
ご自身に降りかかった問題や起こった内容は(不倫、DV、モラハラ、舅、姑問題、借金、配偶者のアスペルガー・ADHD・鬱病などの精神疾患・・)個々に違うのですから簡単に乗り越えられるものなら、苦しさや悔しさ、悲しみで胸が引き裂かれることはないでしょう。

理不尽なことに眠れず食事が喉を通らない、知らず知らずに涙が流れる日々を、誰にも話せず苦しんではいませんでしょうか?自分の何がいけなかったのだろう?とご自身を責めてはいないでしょうか?

真実を知らされた時、知ってしまった時の胸の鼓動・・ 年間300件程の離婚カウンセリングをしてきた経験から、この苦しい状況を1日でも早く抜け出せるように、クライエント様と二人三脚で解決の糸口を見つけていきたいたいと願っております。
クライエント様が一歩でも前に進むことができたら、その一歩がクライエント様の強さになります。

現実から目をそらさず、あなたの大切な人生を一緒に考え、乗り越え、そして笑顔を取り戻しましょう。
久遠ナオミはクライエント様と共にある。そんなカウンセラーでいたいと思っております。
弁護士にいきなり、相談することに抵抗がおありなら、一度サロンにお越し頂ければ幸いでございます。
弁護士と共にカウンセリングをご希望の方は、弁護士との予定をすり合わせて対応いたします。