エテルノ | 公式ホームページ

男性の方のカウンセリング事例

妻(52歳)から突然、離婚したいと言われました。

A氏(58歳)の場合

「妻(52歳)から突然、離婚したいと言われました。私は離婚したくないが、妻の気持ちは揺らぐことなく置き手紙と離婚届を置いて家を出て行ってしまいました。
私の何がいけなかったのか、妻の気持ちが理解できません。きっと男ができたのに間違いありません。
どうしてもそれ以外の理由が見つからないです。」と奥様が悪いと一方的に決めつけていました。

相談に来られた方は結婚生活30年です。奥様の手紙も拝見させていただきました。
なぜ、このような状況になるまで、奥様の気持ちに気づくことができなかったのでしょうか?
その理由がご自身にあることにもっと早く気づいていれば・・と悔やまれることがたくさんあります。奥様は何度も、何度もご自分の気持ちをA氏に伝えてきました。
たくさん我慢して努力もしてきました。

A氏とカウンセリングをしていくうちに、ご自身の傲慢さや、冷たさ、妻のしてくれていることを当たり前に思い感謝するどころか、お前は何をやっても駄目だ、掃除もろくにできないのか?なんだ、このまずい飯は?誰のお陰で今の生活があると思っているんだ!ブランドのバックだってアクセサリーだって、欲しい物はすべて買ってあげたぞ、海外旅行や国内旅行も連れていってやっているだろう。こんなに家族にやってあげている男はいないぞ。

いつしかA氏は奥様に不満をぶつけることや恩を着せることしか、しなくなっていました。
夫婦とは我慢と忍耐だと結婚した後に良く聞く言葉ですが、果たしてそうでしょうか?
一緒にいることが当たり前になってしまってないでしょうか?
お互いに歩み寄ることが、奥様の本当の気持ちを理解することができていたら、二人のコミュニケーションがもっととれていたら、離婚にまで発展しなかったのではないでしょうか

結婚を意識するとき、愛する人ともっと一緒にいたい。この人だったら、笑顔の絶えない幸せな家庭が築けるのではないかと夢と期待をいっぱい膨らませていたはずです。
恋愛結婚にしろお見合い結婚にしろ、最初から結婚生活に終止符が打たれるとは誰も想像していなかったと思います。誰もが希望や幸せを描いていたと思います。



恋愛も結婚も同じです

いつでも一緒にいれるのが当たり前になり、いつしか相手に対する新鮮な気持ちが薄れていき、自分の考えや意見ばかりを相手に押しつけ、自分のやりたいことをやり、欲しい物を手に入れる、そのような自己中心的な考えが、パートナーを傷つけ相手への配慮や思いやりもなくして二人の絆を壊していくのでしょう・・
こうした日々の言動が積み重なり、不満やストレスが蓄積され、愛し合った二人が別れて行く原因を夫、自ら作ってしまったのでしょう。
奥様は海外旅行やブランドのバックで満たされていたのでしょうか?そんなことではなく、もっと自分に気持ちを向けて欲しい、話を聞いて欲しいと思ったのではないでしょうか?

女性が決断するときは、沢山の我慢を重ねた結果、「もう無理」と一歩を踏み出すケースが多いです。一度決断すると気持ちを覆すのが難しくなります。
別れてしまった事例ですが、このような状態になる前に夫婦カウンセリングを受け、信頼関係を取り戻し、結婚生活を送られている方もいらっしゃいます。

結婚は育った環境も全く違う二人が同じ屋根の下で生活して行くのです。まずは相手を理解することが大事であり性格を受け入れるこが必要になっていきます。
相手を責めるのではなく、なぜ自分から気持ちが離れていってしまったのか?を考えて下さい。
カウンセリングを通して客観的にご自分を見つめ直すことが出来るようになります。答えを出せるのもご自分だと言うことを忘れないで下さい。
自分から逃げないで、自分を受け止めることで相手の気持ちを知ることができます。



このような悩みをご相談される方も沢山いらっしゃいます

  • 妻や彼女のPMS(月経前症候群)の症状が理解できず、毎月くるこの病気の症状に対応できず逃げたくなる。
  • 結婚した当初は「どんなに生活が苦しくても、二人で頑張って働けばやっていけるよ」と言ってくれた妻が、子供ができ、専業主婦になったとたん、ママ友の付き合いで見栄の張り合いをして、僕の顔を見るたび毎日、「稼ぎが悪い、もっと稼いで来い、やっぱりお金持ちと結婚すれば良かった、あーもっと贅沢がしたい」と、愚痴や暴言を吐くことに耐えられなくなった。
  • 妻は気に入らないことがあると私を殴る、蹴る。妻の暴行をいつも受けているのが恐い。いつか殺されるのではないか?と毎日ビクビクして生活している。
  • 職場で好きな女性が出来てしまった。妻と離婚する気はないが、どうすればいいのか分からない。
  • 女性という生き物が理解できない。気持ちが分からない。
  • ノルマに苦しめられ、上司からのパワハラなどを受けている。
  • 就活がうまくいかない。
  • 今の仕事にやり甲斐をもてない。
  • 自分は何を目標に、これからの人生を歩んで良いのか分からなくなる。
  • 親からの執拗な期待。モラルハラスメント
  • 何のために働くのか?

恋愛や結婚、離婚の相談が男性の方も多いのですが、やはり、男性は職場での悩みや不満、将来への不安やご自身の性格で悩むことも多いです。


何のために働くのか?

愛する二人が別れないで関係を続けるには…

自分のやりたいことはこんなことなのか?このままこの仕事をしていいのだろうか?

男性の方は心の内をなかなか人に話すことができない。話す場所もない。自分の弱さをさらけ出すのは格好が悪い。「プライドが許さない。」と自分の中で解決しようと暗闇を彷徨っている方が非常に多いです。
彷徨っている時間が長くなると、ストレスが溜まり、うつ病になり仕事が出来なくなってしまったり、時に自殺にまで至ってしまう方たちが増えてきました。最近では、企業や学校の中でも、専門のカウンセラーを配置しているところも増えてきています。医師や弁護士、会社社長でもうつ病になる方が増えてきているため、心理のカウンセリング対策が検討されてきております。
このような現代社会に対応できるよう、男性の方でも気軽にカウンセリングを利用し、日々の生活を豊かに過ごしていただければと願います。

当サロンでは、定期的にカウンセリングを利用して下さっているクライエント様の方が沢山いらっしゃいますのでご安心下さい。